きなりの配合成分について

きなりに配合されている主な成分は、

  • DHA・EPA
  • クリルオイル
  • ナットウキナーゼ

です。

 

青魚に多く含まれるDHA・EPAとは?

きなりのDHA・EPAは青魚に多く含有

DHA・EPAは血液をサラサラにして、体の血の巡りをよくすることで、良い効果が多く見込まれています。

 

DHA/EPAは魚介類に多く含まれており、特に青魚に多い成分で、人間が体内で作り出すことができません。
ですので、食事から摂取することが必要で、健康な生活を維持していくのに欠かせない重要な成分です。

 

 

厚生労働省が推奨する1日の摂取量は1000mg。

これはクロマグロの赤身の刺身で5人前と同等。
毎日摂取するのは至難の業ですよね。
事実、日本人のどの世代も、食生活の欧米化によって1日のDHA/EPA推奨量に達していません。

 

日本人のDHA・EPA摂取量が減少

 

そこで、サプリメントを活用すれば、簡単に不足しているDHA・EPAが摂取できておすすめです。

 

きなりであれば、たった4粒で500mgを摂取できて習慣化しやすいです!

 

 

 

注目の新成分「クリルオイル」とは?

きなりに配合のクリルオイル

クリルオイルとは、オキアミという海に多く棲むプランクトンから抽出される赤い色の油です。クリルとはオキアミの英語名Krillです。

 

見た目はエビのような姿で、日本ではもっぱら釣り用の餌として使用されていましたが、最近では油として注目されています。

 

クリルオイルに含まれるDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)は、魚油のDHA・EPAよりも体内に吸収されやすく、酸化しにくいという特性を持っているからです。

 

体内に吸収されやすいのは、その構造式が特徴的だからで、
酸化しにくいのは、クリルオイルにアスタキサンチンという成分が含まれているからです。

 

アスタキサンチンの強い抗酸化力が一緒になることで、酸化が抑えられ、結果的にDHA・EPAの効果を最大限に得られることになります。

 

 

 

納豆ネバネバ成分のナットウキナーゼとは?

きなりに配合のナットウキナーゼの効果

ナットウキナーゼは、納豆のあのネバネバ成分に入っている酵素です。

 

最近、「ナットウキナーゼ」に血流を改善する作用・血栓溶解作用があることが分かってきました。

日本ナットウキナーゼ協会
(Japan NattoKinase Association 略称:JNKA)ホームページ参考

 

日本で昔から食べられてきた納豆に、血液をサラサラにするパワーがあったなんて驚きです。

 

和食がユネスコ無形文化財に登録されましたが、日本の食文化って本当にすごいですね。

 

栄養バランスの良い和食ときなりサプリの併用を!

 

 

その他成分

  • ビタミンE含有植物油(大豆由来)
  • ゼラチン
  • グリセリン
  • ミツロウ
  • オレンジ香料
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

 

保存料・甘味料・着色料などの使用はゼロなので、健康に長く愛用できますね☆

 

>きなり 公式通販サイトを確認する<

 

 

 

 

トップページへ戻る